観葉植物のサイト「garden style」

観葉植物について 観葉植物の効果 観葉植物と土 観葉植物と水やり ハイドロカルチャー


観葉植物とは

観葉植物とは、簡単に言ってしまえば、葉の色・形態・大きさ・模様などを観て楽しむための植物のこと。室内でインテリアとして楽しむなど用途はいろいろありますが、日陰や窓越しの日光で育てることが条件のひとつと言えます。観葉植物の多くは熱帯・亜熱帯原産です。熱帯とは赤道周辺で四季の区別がほとんどなく、平均気温が20℃以上の地域のことをいいます。熱帯といっても熱帯雨林、熱帯モンスーン、サバンナと気候で区別することができて、観葉植物の多くは東南アジア、熱帯アメリカに分布しています。しかし、最近は熱帯の植物だけではなくさまざまな地域の植物が、観葉植物とされてきています。観葉植物は生き物なので、ちゃんと世話をして愛情を注ぐといっそう愛着が出てくる植物なので、大切に育てていきましょう。

マイナスイオンを放出する観葉植物

室内に置いてインテリアとして楽しめるだけでなく、観葉植物はマイナスイオンを放出する事が知られています。部屋の中では電化製品やハウスダストなどによってマイナスイオンよりプラスイオンが多くなっている事が少なくありません。部屋に観葉植物を置く事で、プラスイオンよりマイナスイオンの方を多くする事が可能になります。(ミニ盆栽などもよし。)プラスイオンは体に様々な影響を与え、自律神経失調症、頭痛、肩こり、腰痛、動脈硬化、不眠症、冷え性などの様々な悪影響を及ぼす事が分かっています。マイナスイオンは自律神経を安定させ、これらの症状を改善させる働きがあります。森林浴で体がリラックスできるのも、森林から放出されるマイナスイオンの効果で、精神が安定する働きがあります。森の中ではマイナスイオンがプラスイオンの約2倍あると言われていて、対照的に都会では森林が少なく排ガスや電磁波などの影響もあって、プラスイオンがマイナスイオンの1.5倍もあるそうです。こういった事もあってストレス社会の一つになっているのだと思います。部屋に観葉植物を置いておくと、マイナスイオンが増えるだけでなく、眺めているだけで不思議と心が落ち着きます。お店ではお客さんを落ち着かせる効果、商談の場ではあるとよい効果があるかもしれません。

※マイナスイオンを多く放出する観葉植物:サンスベリア、アレカヤシ、カポックなど

空気を浄化する観葉植物

観葉植物は光合成を行い、二酸化炭素を取り入れ酸素を放出していますが、二酸化炭素を取り入れているだけでなく、空気中の有害な化学物質を吸収して分解し無害化する効果があります。また、タバコなどの匂いを分解する消臭効果もある事が分っています。これは、観葉植物に限った事ではなく、植物には汚れた空気を浄化する働きがあり、道路の脇に木が植えられているのも空気浄化の目的の一つとして植えられています。最近都会では屋上を緑化する事でヒートアイラン現象を抑制させ、空気浄化しようという試みがされていて、緑は人にとってとてもよい効果がある事が分かると思います。

pickup

大人気カラコン、motecon(モテコン)販売★ モテコン度数-10.00まで対応しているのは当店だけッ! 美のオーラ、女子力をアップさせる商品盛り沢山!

度ありカラコン(ワンデータイプ)が人気の専門店

フォーマルシーンやビジネスシーンでも活躍できる上質でお洒落なマタニティや授乳服を多数ご用意しています!

マタニティワンピースをお探しなら

ヘリウムガスのキャラクターゴム風船の販売。

ゴム風船

『名入れオルゴール日本一のお店』お誕生祝いや結婚祝い、出産祝いにも最適なオンリーワンのオルゴールがお値打ち価格でお作り出来ます。

オルゴール

当美容院は府中駅からも近い府中旧甲州街道沿いにあります。

美容院を府中近辺で探す

Last update:2015/2/19